弁護士依頼のメリット


交通事故被害には後遺障害などの問題も関わってくるから相当厄介なのです。事故後、頭痛や首の痛み・吐き気などの症状が起こり、病院で診断すれば、打撲・骨折・むちうち症などが発覚することもあります。

怪我の中には、自覚症状 はあるもののMRIでの診断でも異常なしとされるケースも少なくはありません。交通事故被害では、治らないムチ打ちになってしまうケースもあり、症状固定後には、「後遺障害14級9号」や「後遺障害12級13号」が確定します。「後遺障害14級9号」または「後遺障害12級13号」ともに相当難しいケースであり、このような事態に交通事故被害で遭遇してしまう可能性もあるのです。ちなみに、後遺障害情報≪交通事故被害者救済サイト≫では、さらに詳細を記載しております。こちらも参考にしてみてください。

そのとき弁護士依頼を念頭に考えないことには、慰謝料・示談金や逸失利益が相場の金額より少額になってしまうことでしょう。それは弁護士に相談すれば、 弁護士基準の相場というものがあり、そうでない場合、弁護士基準の相場で算出されず、 任意保険基準で算定された相場で扱われることになり、まさに相手の保険会社のいいなりになりただ泣き寝入りをしなければならないことになります。

まだまだいろいろな面で弁護士依頼によってあなたにメリットがもたらされることになるでしょう。判らないときまずは一度弁護士事務所に電話をしてみてはいかがでしょうか。

About admin