どのようなケースで?


交通事故被害で弁護士に相談した方がいいケースは、後遺障害などからむケースと考えてください。交通事故被害でむち打ち症、腰・ヘルニアや背中などの「神経症状」などあった場合、後遺障害に認定されるかどうかによって慰謝料の額が100万以上も増減する可能性があり、後遺障害認定自体は弁護士に依頼しないでも解決可能な問題なのですが、弁護士依頼することで、より高い等級で認定される可能性を高めることが出来ます。

そのようなケースに当てはまればやっぱり出来る限り早く弁護士に依頼しようという意識を持つようにしたいものです。

あと、交通事故被害に遭った方々の自動車保険に弁護士費用特約が付帯されている場合、 保険会社から弁護士費用特約適用の同意が得られている時には弁護士に依頼することの方が確実に得と言えますので、 人身・物損どちらでも交通事故に強い弁護士に相談してみましょう。

あとポイントとして考えていただきたいのは、治療費や慰謝料、休業損害などが発生する人身事故であるかどうかです。そのような案件に対して弁護士の強みが存在していると考えてください。修理費や代車代程度しか発生しない物損事故に対して弁護士をしっかりつけたとしても、それ程増額は期待出来ないと考えるべきです。

About admin